注目のこのネタ、下記サイトで情報収集しましょう

国によって違う成人年齢

季節毎のイベントで二十歳といえば、日本で成人として認められる年齢です。冠婚葬祭の筆頭である「冠」にあたります。「冠」は冠を頂くという意味があり、成人としての諸々の特権を得ることを表します。現代で言えば、お酒やタバコ、選挙権の獲得といった法律上の権利の取得を意味しています。
あなたも、美しい和服や、かっこいいスーツを身にまとい、将来への期待に胸を膨らませながら、成人式に参加し、大人の仲間入りをしたのではないでしょうか。
人生を表す冠婚葬祭のスタートラインともいえる成人式ですが、この季節毎のイベントは日本だけの文化ではありません。各国独自の冠婚葬祭が存在します。しかし、成人年齢の設定は、国によって違いがあります。アルゼンチンやシンガポール、エジプトなどは二十一歳と日本より遅く制定されています。
しかし、これは少数派です。ロシア、中国、イギリスなど大半の国は、日本より早い十八歳が成人年齢とされています。日本も成人年齢の設定を変えるべきか、議論している最中だそうですが、なかなか、全ての意見が一致する成人年齢を定めることは難しいでしょう。国の風習や価値観に合わせて、冠を若者に授けるべきでしょう。

実は良く知らないこんな専門サイト

    Copyright (C)2018世界の冠婚葬祭事情.All rights reserved.