注目のこのネタ、下記サイトで情報収集しましょう

深い悲しみとお別れの式典

わたしたちにとってお葬式は、故人との別れと深い悲しみを表す場です。わたしたちは誰一人として死を避けることはできません。しかし、頭では分かっていても、実際に身近な人、家族や友人、隣人を亡くした時の悲しみは計り知れないものです。そのため、お葬式は厳粛に執り行われるべき冠婚葬祭の儀式として普遍的にとらえられているのではないでしょうか。そのようなお葬式の場で失礼がないように、冠婚葬祭に関するマナー本の中でも、服装の選び方や挨拶の仕方など、細かい指示がなされています。例えば、服装に関して取り上げてみましょう。
服装は男女共に、紺、グレー、黒を基調としたものが勧められています。派手な色の衣服やアクセサリーは敬意に欠けたものとみなされるでしょう。お葬式自体は仏教の形で行なわれます。お寺の僧侶に来てもらって、読経してもらい、最終的に火葬し、納骨します。普段から熱心に仏教を信奉している日本人は少ないですが、冠婚葬祭の行事では、自身の家で受け継がれてきた宗派を用いて儀式を執り行います。またその後の法事などは季節毎のイベントとなっています。

実は良く知らないこんな専門サイト

    Copyright (C)2018世界の冠婚葬祭事情.All rights reserved.