注目のこのネタ、下記サイトで情報収集しましょう

信条による葬制の違い

どの国でも人々は故人に対して敬意を抱き、丁重に扱います。冠婚葬祭の「葬」は人の一生の終着点であり、重要な儀式として認識され季節毎のイベントとして位置づけられています。これは世界共通の見方であるといえますが、故人を最終的にどのような形で葬るかと言う点では、その土地の宗教や風土によって大きく変わります。
日本では、火葬が一般的となっています。
仏教の仏陀は、火によって速やかに肉体を消失させ、天上界へと立ち上る煙とともに霊魂の成仏を促すという教えを与えています。その伝統的な教えと、土地不足という地理的な問題もあいまって、火葬という手段がとられています。
では、他にどのような葬制があるのでしょうか。アメリカでは、土葬が一般的です。キリスト教会は火葬が責め苦を印象付ける為、火葬に否定的な意見が多いようです。また、チベットでは鳥葬、別名天葬と呼ばれる方法があります。これは、遺体を鳥に食べさせ、鳥と共に天に返すという考え方です。その土地の宗教によって、儀式も葬式関連の季節毎のイベントは全く違うものとなっています。

実は良く知らないこんな専門サイト

    Copyright (C)2018世界の冠婚葬祭事情.All rights reserved.